ねここねの思考手記 サブカルミラクルの章

主にアニメ系 漫画系 らのべ系のサブカル系が中心です

人によりけりな事にあえて統一性をもたそうとするほどわけわかんなくなります

 

 

www.huffingtonpost.jp

 

hokke-ookami.hatenablog.com

 

togetter.com

 

 

きっかけは、この二つ記事かな。よくわかんなんだけどね。

ジェンダーバイアスがどうだとか、バイアスがどうだとか、偏見がどうだかとかね。というお話ですね。

 

 

バイアスとか偏見とか思い込みとかないほうが良いですよねってお話らしいです。ようしらんけど。

 

 

そんなもんはね。人によりけりですよ。縛りや制限をもうけることでより良い結果を出す人もいれば、縛りや制限がないから方向性が決まらない人だっている。自由になったら何もできない人もいたり、自由なったら色々できる人もいる。結局のところ縛りやバイアスや偏見なんかも本人を構成する要素なんですよね。それが個体差であり個性なんですよね。そういうわずかばかりの差異だったり、バイアスによって協調したり反発したりして、人は競争したり淘汰されたりして前に進むというのが生物ですよ。その結果後ろ向きの進化ということになったりすることもありますが、そんなことは瑣末ことなんです。 バイアスがどうだとか、偏見がどうだとは必要な人が必要と思ったらいいだけだし、いらない人はいらないと言えばいいわけです。そういう意味では、自分の思ったことを、本筋であると発表するのは良いことだなと感じますね。

 

 

 大事なのは、バイアスは無いほう好ましいと思うとか、ジェンダーバイアスは滅びろーとかいいながら、自分もジェンダーバイアスに侵されてるという状態を周知するといのも固体差別の反応なんやねと感じるのです。

 

 だから、何が正しいとか合意を得るとか、もうわけわかんないという展開になるのが僕の個性っすね。強いていうなら時にはバイアスや偏見に頼り、時には縛りなく自由にしたりすればいいでしょってお話ですよ。

 

 偏見だったり、先入観だったり、思い込みだったりすることは人を不幸にすることもあるけども、人を楽にしたりしりもする。辛いものが食べたくない人は辛いものを避けるためには一度体験するか、予想や予測の上に一度も食べたことのないものを辛いと判断する必要があったりする。判断や意思決定を高速化するためにはフィルターをかけて色々と取捨選択するのもバイアスだったりする。

 

 人間は生きている時間が有限です。その間に様々ことをしたりします。効率良くいきていたい人は良いバイアスと悪いバイアスを使い分けているんでしょね。勿論、自分にとって都合良いバイアスと都合の悪いバイアスなので一概に良い悪いは個体差によるでしょうがね。

 

 バイアスも使い方次第というわけですね。頭も道具でもなんでもですが、ようは使い方ですから、自分の望む結果を持ってこれるのであれば、それでいいんです。

 

 んで、個人的にはそんなことより、ベーシックインカムを実現して富の再分配について世の中盛り上がって欲しいなーって思う限りです。

 

 ジェンダーバイアス滅びろ? バイアスが一般的に悪いもの? そんなことはね瑣末なことなんですよ。世の中の格差是正と富の偏りによる無自覚な人殺しの連鎖を止める方がどれだけ良いか。

 

 今の世の中、金がないやつはがんがんセルフネグレクトで死んでいくし、金があっても孤独なやつもセルフネグレクトでがんがん死んでいく、人はどうせ死んだら骨になるんだから、可能な限り自分の好むような場所にいったほうがええろやろね。

 

 とうわけで、ようわからんです。

                                    以上

 

f:id:nekokone1999:20181001235552j:plain