ねここねの思考手記 サブカルミラクルの章

主にアニメ系 漫画系 らのべ系のサブカル系が中心です

生まれつき不幸な人がいたとして、だからの何なの?

 

f:id:nekokone1999:20180922133529j:plain

 

 

 目的が幸せになることってなんか無理あるなーって最近思う私なんですね。理想とする幸せの形ってのは人それぞれあるとして、でもそれってどうしたって相対的な感覚から逃れられないんじゃないかなって思うんですよ。

 

 例えば、お金持ちになって、大きな家に住んで、美しい伴侶に射止めて、子供を授かり、子供も将来有望な状態が幸せだったしよう。よく、童話とかに求められる幸せの形ですね。 童話とかだったら、もっと簡略化するかな。なんか紆余曲折あるけど、王様、もしくは権力者、支配者の配偶者になって幸せにくらしましたさ、とかいう感じの終わり方が幸せの形であることが多いですね。

 

 まあ、でもね、人間は幸せになるために生まれてくるわけでも、ないんですよね。不幸になるために生まれるわけでもなく、生物としての化学反応が連鎖しているだけであり、有機的な機械でありんすよ。沢山の細胞が連鎖反応を起こして色々な現象を起こしているに過ぎないわけですよ。そして、細胞は増えたり、減ったりを繰り返してやがて、役割を終えるんです。

 

 つまり、物質や細胞なんかには、役割というか動きがちゃんとあるんですね。なんというか、こうきたら、こうなる、とか、そうきたら、こうくるみたいな定型の型のような反応があるんですね。しかし、それはなんのためにという目的レベルではないんですよね。ただの、反応だったり、反射です。

 

 人間も結局はその、物質や細胞、その他色々な反応と反射が音速、高速、もっと早く連動して動いてるだけなんで、そこに幸せになるとか、どうとかは関係ないんですね。そこにゴーストがいるのか、ゴーストが幸せになれと囁くのかはわかりませんが、とにかく人間に目的なんてのはないし、不幸も幸せも単純に比べて好むか好まないかだけの話なんです。

 

 生まれつき貧困な人達、明日の食事の心配をしないといけない人達は、生まれつきずっとその生き方しか知らないなら、それになんの不満も持ちません。ですが、そうじゃなくて、貧困な人達が裕福な人の暮らしを知ることで不満を持ち、自分を相対的に不幸だと認識したりする。そういうもんなんです。そして、裕福な人達は常に満たされていたとしても、失うこと、そして失うと不幸になるんですね。それだけんですよね。

 

 本当によくわかんねないですね。

 なんで我々は生きてるんだ? なんで、物質や細胞は反応と反射を繰り返し続けるんだ? 目的もなく役割をこなしつづけて磨耗したり消耗したり、減少したりして最後には機能を失って動かなくなる物質と細胞の群れが人間だったり生物なわけなんです。

 

 生きるための役割は全て、物質と細胞が担ってくれる。その物質と細胞の元締めであるゴーストというか、自我というか、意思というかそういう、何かを決定する支配者たる人間の意思の塊は役割をまっとうしてくれている者をできるだけ長く活動させてあげる目的になってしまう。だから人は死にたくないとか思うんだろう。

 

 だから人の目的は長く生きること、自己の保存ために次世代に自分の遺伝情報を繋ぐことが一番の目的になるはずなんです。童貞で処女で子供を生まないというのは今迄、繋いできた遺伝情報が断絶するわけだからそれはとても不幸なことだといえる。

 

 遺伝情報を後世に伝える機能を失ってしまった生物の次なる、目的は自分という固体をできるだけ長く生存させるということである。長く生きることしか目的がなくなると人は途端にふけるし、劣化が激しくなる。年齢を重ねて、若く見える人とそうでない人の差はそういうところでより顕著にあらわれる。 

 

 結婚して子供ができた夫婦でも、不倫や恋愛をしている人と、そうでない人達の外見的な美醜は顕著である。子供ができたことで自己の遺伝情報を後世に残すために自分というものを消費して子供のために頑張るのだから当然の結果といえるかもしれない。

 

 人間は自己の保存ため生きている。

 それだけの生物なんですよ。

 そこに不幸も幸福もないんです。

 ただ、存在するだけなんです。

 だから、もっと気楽に生きてもいいんじゃないかな。

 とか、思うのでした。

f:id:nekokone1999:20180922141216j:plain